ADAオススメのエイジングケアは?

2018年06月26日

ADAオススメのエイジングケアは?



今回は、米国皮膚科学会(AAD)が、昨年11月11日に発表した40〜50代のエイジングケア世代の方向けのお肌の手入れに関するアドバイスの内容を紹介します。

エイジングケアで美肌をキープするためにぜひ、チェックしてくださいね。

AADは皮膚の老化について、どんな年齢でも適切な手入れを行えば美しい肌が保てると伝えています。
エイジングケアにとても大切なポイントです。

早期老化を防ぐための6つのヒントを紹介する女性

そのポイントは、早期老化を防ぐための6つのヒントは下記の通りです。

【皮膚の早期老化を防ぐための6つのヒント】

@刺激の少ないスキンケア製品を使用することをお薦めしています。また、年間を通して無香料の製品の使用を推奨しています。

Aαヒドロキシ酸(AHA)やレチノイド、抗酸化剤を含む製品は皮膚の若返りに役立つ
ため使用を検討する。使用の際は皮膚科医に相談することを勧めています。

Bにきびケア製品やスクラブは、炎症を起こすことがあるため、サリチル酸や硫黄を含む洗顔剤で優しく洗い、スキンケア製品や化粧品はノンコメドジェニックまたはノンアクネジェニックと表示があるかオイルフリーのものを選択する。

C定期的な保湿に心がける。入浴後や必要に応じて適宜保湿する。

D紫外線を避ける。手の皮膚の日光ダメージにはグリコール酸や抗酸化剤を使い、手にも日焼け止めを塗ること。

Eたばこはしわや皮膚の老化を促進するので、喫煙を避ける。
 
がポイントです。

早期老化を防ぐための6つのヒントをチェック

@については、スキンケア製品は、できるだけ「スキンケア」に影響の無い成分は避けたほうが、良いことは、お伝えしているとおりです。

Aは、少し説明させて頂きます。
αヒドロキシ酸(AHA)は、一般に「フルーツ酸」と呼ばれるもので、ピーリング化粧品に含まれています。レチノイドは、レチノールのことで、ビタミンA誘導体です。

こナールスユニバに配合されている「レチノイン酸トコフェリル」もレチノイドです。
これらは、比較的効果が高い成分ですが、刺激も強いので注意も必要です。

市販の製品に含まれる場合、比較的、低濃度の製品が多いのですが、お肌が敏感な方は、医師にご相談されたほうが良いです。

是非、エイジングケアで美肌をキープするために、この6つのポイントもご参考にしていただければ幸いです。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:お肌の保湿を考えるブログ
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集