2019年01月

顔にできるくすみの原因と対策

2019年01月02日

顔にできるくすみの原因と対策



肌がくすんでいると老けて見えてしまったり、くすみを隠すために厚化粧になり、肌に負担をかけてしまったりしますよね。

「くすみ」と一言で言っても原因はさまざまです。
くすみの原因別に対策を紹介します。


1.乾燥



乾燥によって肌がカサカサしていたり、ひどい場合は粉をふいていたりします。
冬は外が乾燥しているので肌も乾燥してしまいます。

肌の乾燥が気になる女性

しかし、室内は年中エアコンで乾燥しています。
また、強い洗顔料の使用も肌の乾燥を招きます。

とにかくしっかり保湿で対策をしましょう。
化粧水だけでなく、保湿力の高い美容液やクリームも併用してください。


2.紫外線



日焼けで肌が黒くなるのは、シミと同じでメラニンがつくられるからです。

メラニンは新陳代謝によって肌がターンオーバーすることで、自然と白い肌に戻るのですが、肌のターンオーバーがうまくいかなければくすみとなってしまいます。
UVケアを徹底することが基本です。

紫外線が気になる女性

また紫外線を浴びてしまったら、美白効果のある化粧水を使用し、ビタミンCを多く含んだ食材をとるようにしてください。
ビタミンCは肌のターンオーバーを正常に戻す働きがあります。


3.血行不良



血行不良や体の冷えは、肌を青くくすませてしまいます。
ストレスや睡眠不足、リンパの滞りによって肌の血行を悪くしてしまうのです。

クマができるのも同じ原因です。
血行不良はくすみだけでなく、他の体の不調にもつながります。

血行不良に悩む女性

充分な睡眠、規則正しい生活、適度な運動を心がけてください。
体の冷えは大敵なので、じっくりお風呂であたたまりましょう。

ヨガやストレッチは血行促進の効果があるのでおすすめです。
自分のくすみのタイプを知り、自分に合った対策を始めてください。

プロフィール
管理者:お肌の保湿を考えるブログ
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集