ADAオススメのエイジングケアは?

2018年06月26日

ADAオススメのエイジングケアは?



今回は、米国皮膚科学会(AAD)が、昨年11月11日に発表した40〜50代のエイジングケア世代の方向けのお肌の手入れに関するアドバイスの内容を紹介します。

エイジングケアで美肌をキープするためにぜひ、チェックしてくださいね。

AADは皮膚の老化について、どんな年齢でも適切な手入れを行えば美しい肌が保てると伝えています。
エイジングケアにとても大切なポイントです。

早期老化を防ぐための6つのヒントを紹介する女性

そのポイントは、早期老化を防ぐための6つのヒントは下記の通りです。

【皮膚の早期老化を防ぐための6つのヒント】

@刺激の少ないスキンケア製品を使用することをお薦めしています。また、年間を通して無香料の製品の使用を推奨しています。

Aαヒドロキシ酸(AHA)やレチノイド、抗酸化剤を含む製品は皮膚の若返りに役立つ
ため使用を検討する。使用の際は皮膚科医に相談することを勧めています。

Bにきびケア製品やスクラブは、炎症を起こすことがあるため、サリチル酸や硫黄を含む洗顔剤で優しく洗い、スキンケア製品や化粧品はノンコメドジェニックまたはノンアクネジェニックと表示があるかオイルフリーのものを選択する。

C定期的な保湿に心がける。入浴後や必要に応じて適宜保湿する。

D紫外線を避ける。手の皮膚の日光ダメージにはグリコール酸や抗酸化剤を使い、手にも日焼け止めを塗ること。

Eたばこはしわや皮膚の老化を促進するので、喫煙を避ける。
 
がポイントです。

早期老化を防ぐための6つのヒントをチェック

@については、スキンケア製品は、できるだけ「スキンケア」に影響の無い成分は避けたほうが、良いことは、お伝えしているとおりです。

Aは、少し説明させて頂きます。
αヒドロキシ酸(AHA)は、一般に「フルーツ酸」と呼ばれるもので、ピーリング化粧品に含まれています。レチノイドは、レチノールのことで、ビタミンA誘導体です。

こナールスユニバに配合されている「レチノイン酸トコフェリル」もレチノイドです。
これらは、比較的効果が高い成分ですが、刺激も強いので注意も必要です。

市販の製品に含まれる場合、比較的、低濃度の製品が多いのですが、お肌が敏感な方は、医師にご相談されたほうが良いです。

是非、エイジングケアで美肌をキープするために、この6つのポイントもご参考にしていただければ幸いです。

紫外線対策にアフターケアケアが大切

2018年06月14日

紫外線対策にアフターケアケアが大切



紫外線対策は、日焼け止めを塗ることや日傘、帽子、サングラス等の紫外線対策グッズを使用することだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアが大切です。

紫外線のアフターケアをする女性

紫外線のアフターケアでは、「酸化を防ぐケア」として、知らず知らず浴びて蓄積されてしまう紫外線ダメージを日々ケアすることが大切です。


<要約>
日焼け止めの選び方については、前回お話しましたが、紫外線対策は、日焼け止めを塗ることや、傘、帽子、サングラス等の紫外線対策グッズを使用することだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアも大切です。

なぜ、紫外線アフターケアが大切かというと、紫外線による酸化を防ぐことが大切だからです。
紫外線によるダメージは、酸化の原因である活性酸素を発生させます。

活性酸素が、酸化しやすい不飽和脂肪酸でできている細胞の細胞膜を有毒な「過酸化脂質」に変化させます。
その過酸化脂質が蓄積されていくと細胞膜が破壊されてしまいます。

紫外線による酸化を防ぎたい女性

その結果、細胞の活力はなくなり、正常なはたらきができなくなります。
そんな酸化が起きると、線維芽細胞、コラーゲンやエラスチンにもダメージを与え、お肌のハリや弾力を奪ってしまいます。

活性酸素にさらされる期間が長ければ長いほど、お肌のダメージは進行していき、気づいた時には、顔のほうれい線、しわ、たるみ毛穴等が目立つようになってきてしまいます。

そうはいっても、紫外線は、日常、気付かないうちに浴びていたり、紫外線対策をしていても、100%防ぐことはできません。その為、紫外線アフターケアも日常的に取り入れることが大切なんです。
そこで、今回は、オススメのアフターケアの中で2つご紹介します!

まず、内側からの紫外線アフターケアでは、色素沈着の原因であるメラニン色素やシミ、しわの原因となる活性酸素を抑える栄養素を含む食品を積極的に食べることが大切です。
そのおススメの栄養素は、「ビタミンACE」です。(それぞれの働きと食材を入れる)

そして、食べ物ではすぐにはお肌に届かない場合もありますし、その栄養がすべて肌に使われるわけではないので、外側からの化粧品によるケアも大切です。ここでも、おススメは、「ビタミンA、C、E」を配合した化粧品を使うことです。(ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体の働きを入れる)

そんな紫外線アフターケアでおススメの化粧水は、「ナールスピュア」です。
なぜなら、紫外線ダメージによる光老化を軽減することをサポートする「ナールスゲン」が推奨濃度配合されているからです。

ナールスゲンのイメージ

また、ナールスゲンには、人が持っている抗酸化物質グルタチオンを表皮で増やす働きが認められています。
これは、体の内外からのお肌の酸化に対抗するエイジングケアをサポートすることにつながります。

ナールスゲンの他に、抗酸化力のある成分として、ビタミンE誘導体、ビタミンC誘導体も配合。紫外線によるお肌の酸化防止をサポートしてくれます。

ちなみに、前回の話の中で、15分歩くというお話をしましたが、運動不足解消だけでなく、お気に入りのスーパーに行く為もあります。
そのスーパーでは、紫外線アフターケアの為に、ビタミンACEを意識した食材を選ぶようにしています。

そして、それを使ってゆったりお料理をするのがお休みの日の私の楽しみです。もちろん、「ナールスピュア」も使って外側からのケアもしています。

みなさんも、特に紫外線が強いこの季節は、紫外線対策だけではなく、内側からと外側からの紫外線アフターケアもしっかり行って、紫外線に負けない肌作りをしましょう。

アミティーザという便秘のお薬を知ろう

2017年06月19日

アミティーザという便秘のお薬を知ろう



慢性的に続く便秘。あなたはどうしていますか?

解消の一番の近道をご存じですか?
それは、「お医者さんで診てもらう」こと。

お医者さんで便秘と診断されれば、食生活や日常生活、排便習慣について指導を受けます。
それでも改善しない時には、お薬による治療が行われます。

慢性便秘症のお薬として、「アミティーザカプセル24µg」という、クロライドチャネルアクチベーターと呼ばれる新しい作用の治療薬があります。

アミティーザって、あまり耳慣れないお薬かもしれませんが、便秘治療薬としてはとても知られたお薬です。

便秘治療薬のイメージ

このアミティーザをご存じの人にも、ご存じでない人にも、どういうお薬かについてご説明しますね。


1.アミティーザは、いままでの下剤と全く違う作用のお薬



アミティーザは、世界では10年前から使用されていて、日本では4年前から処方されるようになってきた実績のあるお薬です。

アミティーザは、小腸に作用して水分の分泌を増やすことで、便を軟らかくして、腸内で便がスムーズに移動するのを助け、そして自然な排便ができるようにもっていきます。

また、アミティーザはその他にも、クロライドチャネルを活性化させて腸管粘膜上皮を修復する作用があるので、これも便通の改善につながっていると考えられています。

便秘が改善した女性

昔から、お医者さんでは、酸化マグネシウム(便を軟らかくする)やセンノシド(大腸刺激性の下剤)という下剤が処方されてきましたが、アミティーザはこれらとはまったく異なる効き方をします。

酸化マグネシウムやセンノシドなどで便秘が改善しなかった人に取っ手は、このアミティーザの効果がとても期待されていて、処方されているんです。


2.アミティーザの飲み方



アミティーザは、朝晩2回、1回につき1カプセルを服用するのが基本です。

朝食後と夕食後に服用するのが基本です。
アミティーザの服用方法や用量は、主治医あるいは薬剤師さんの指示に従ってください。

アミティーザを飲んだ際、吐き気や下痢といった副作用が出る人もいます。
これは、アミティーザも下剤ですから、下痢の症状などがみられることがあるわけです。

下痢の場合は飲む用量を調節しますし、吐き気が見られたらアミティーザを飲むのを中止することもあります。いずれにしても、このような症状が出た時には、すぐに主治医や薬剤師さんに相談すれば良いでしょう。

アミティーザの飲み方を説明する女性

また、お薬の中には、他のお薬と一緒に飲めないものもありますが、アミティーザは、他のお薬と併用して飲んでも問題ありません。ですから、複数のお薬を飲むことの多い高齢者でも、アミティーザなら安心して飲むことが出来ます。

アミティーザは自発的に自然なお通じを促すので、排便時のいきみといった負担も少なく、腹痛などを起こしにくいことが優れた点の一つなんですよ。
アミティーザを処方された際は、必ず用法・用量を守って飲んでいただき、便秘を改善してくださいね。

ダマスクローズのハンドクリームなら、こんなステキな逸品を!

2017年02月20日

ダマスクローズのハンドクリームなら、こんなステキな逸品を!



突然ですが、「ダマスクローズ」って聞いたことがあるでしょうか?
私は、3年前くらいは知らなかったです。

アロマのことを、少し勉強した時に、はじめて知りました。

アロマのイメージ

ダマスクローズというのは、ローズというくらいだから、もちろんバラなのですが、バラの中でも非常に高価なバラです。

あのクレオパトラが愛したと言われているバラの中でも、高貴で最も香りの高いバラです。
ダマスクローズは、その高貴さから、「バラの女王」とも呼ばれているんですって。

なので、ダマスクローズは、ブランド物の香水、化粧品、アロマオイル、ローズウォーターなど、いわゆる「高級品」によく使われます。

もちろん、お値段も、高級品にふさわしいものとなっています。
さて、今回は、そんなダマスクローズを使ったステキなハンドクリームをご紹介します。

商品名は「ナールスロゼ」です。
この商品、エイジングケア化粧品成分である「ナールスゲン」を配合している化粧品ブランド「ナールス」の新製品なんです。

では、早速、ナールスロゼの特徴をご紹介します。
まず何と言っても、一番の特徴は、ダマスクローズ水が50%も配合されていることです。

50%ですよ!半分がダマスクローズなんですっ!!
バラの女王ダマスクローズをこの濃度で配合したハンドクリームは、他に見たことがありません。

ダマスクローズといえば、その高貴な香りが有名ですが、実は、他にもこんな嬉しい効果があります。

・保湿効果
・リラックス効果
・紫外線吸収効果
・殺菌効果
・消臭効果

ダマスクローズのイメージ

スキンケアやエイジングケアにとってプラスの効果がこんなにも期待できるんです!

ナールスロゼには、このダマスクローズ以外にも、センチフォリアローズ、カニナバラ、イザヨイバラ、ノイバラという4種類のバラも配合されています。

まさに、バラづくしですね。
さらにさらに、それだけではないのです!

バラの香りや、バラの効果の他に、エイジングケアにとって大切な成分も、贅沢に配合されていて、なおかつ安心して使える処方になってるんです。

具体的には、

・ヒト型セラミドがしっかり入って、バリア機能を高めてくれる
・赤いビタミン「シアノコバラミン」が鮮やかなピンクを演出
・エイジングケアの強い味方「ナールスゲン」推奨濃度配合
・抗酸化成分ビタミンC誘導体とビタミンE誘導体配合
・さっぱりしたテクスチャーのジェルなので、年中使いやすい
・防腐剤、界面活性剤フリーの刺激の少ない安心な処方

ナールスロゼは、ダマスクローズの良さを生かした、一歩進んだエイジングケアもできてしまうハンドクリームだと言えると思います。

ハンドケアをする女性の手


1.ちょっとここで、バラの歴史の情報を



■バラの歴史について

バラ(薔薇)はバラ科バラ属の種の総称です。
バラ属の植物は灌木(かんぼく)[※2]、低木、または木本性のツル植物で、葉や茎にトゲを持つものが多いことが特徴です。

バラは古来より薬効があるといわれ、摘みたてのバラの花びらは、お茶やお酒、ジャムなどに用いられてきました。

北半球の温帯域に広く自生しており、チベット周辺や中国の雲南省(うんなんしょう)からミャンマーにかけてが生産地であるとされています。

香りの世界では「女王様」と称されているバラは、5000万年以上前に地球上の各地に現れたと考えられています。

■ダマスクローズの歴史について

ダマスクローズの栽培は、紀元前5〜6世紀には始まっていたと考えられており、ダマスクローズ(damask rose)という名前は、シリアの古い都であるダマスカス(Damascus)からブルガリアへ運ばれたことに由来しています。

また、紀元前6世紀頃、女流詩人サッフォーはバラを「花の女王」と詠っており、中でも特に香り高いバラであるダマスクローズは「バラの女王」と呼ばれていました。

古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに観賞用として親しまれていたダマスクローズは、世界三大美女の一人であるクレオパトラやナポレオン・ボナパルトの最初の妻であるジョセフィーヌ皇妃[※3]にも愛されていたといわれています。


2.まとめ



古来から、多くの女性を魅了してきたダマスクローズ。
その高貴な香りに癒されながら、手肌のエイジングケアまでできてしまう「ナールスロゼ」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

この記事をきっかけに、ダマスクローズや、手肌のエイジングケアにご興味を持っていただければ幸いです。
ダマスクローズ配合ハンド美容ジェル「ナールスロゼ」について、詳しくはこちらから
↓↓↓

ナールスロゼ

お肌の老化を防ぐためのエイジングケア

2017年01月31日

お肌の老化を防ぐためのエイジングケア



電車に乗っていますと、マスクをつけている方をよくお見かけします。
空気がより一層乾燥し、ウイルスの活動が活発になっているようですね。

体調の管理には十分にお気をつけください。
もう一点、このような空気環境ではお肌の乾燥にも気をつけなければなりません。

この記事では、そのお肌の乾燥も原因の1つである「お肌の老化」についてお話しさせていただきます。

お肌の老化に悩む女性


1.お肌の老化の原因6要素



唐突なのですが、お肌の老化の原因をご存知でしょうか?
お肌の老化には、様々な原因がありますが、大きく分けると6つの要因が挙げられます。

それらは、

・お肌の乾燥、
・紫外線による光老化、
・細胞の酸化(カラダのサビ)、
・糖化(カラダのお焦げ)、
・ホルモンの減少、
・血管の老化

です。

今回は、その中から、お肌の乾燥、紫外線による光老化、細胞の酸化の3点について説明しようと思います。

端的に申しますと、お肌のスキンケアやお肌のエイジングケアはこれらの原因を取り除く対策を考えればよいわけです。

と言葉で表すのは簡単なのですが、実際のところはなかなかに大変なことです。
ですので、まずは基本的なことから説明していこうと思います。


2.お肌の老化を抑えるエイジングケア



エイジングケアを行う上で、基本中の基本だといわれていることは「乾燥対策」です。
私も日々、悩まされている課題です。

エイジングによる老化に加えて、空気の乾燥などの影響で、お肌の保湿力は失われていきます。
エイジングケアとしての対策は、美容液や保湿クリームでセラミド、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を補うことや、増やすことで、肌の水分を維持させることです。

ただそれだけではいけません。
補填した保湿成分を逃がさないために、油分の入ったクリームなどでフタをすることがポイントです。

この2点を組み合わせることで、お肌の水分は保持されます。
次に気をつけなければならないエイジングケアは「紫外線対策」です。

紫外線対策をする女性

紫外線対策と言うと夏場に行うイメージがあるのではないでしょうか?
日傘や帽子、UVケアクリームで対処する方が多いと思います。

それでは反対に冬場はどうでしょうか?
あまり気にしないという方も少なくないかもしれません。

冬場はつい怠りがちになりますが、決して気を抜いてはなりません。
日差しの強い日には、肌に大きなダメージを与えている可能性があります。

肌の老化を軽減するためにも、UVケア化粧品を使いましょう。

ここでオススメする成分は、ダマスクローズやナールスゲンなどのエイジングケア効果のある成分です。
これらは紫外線による光老化を軽減する作用があります。

一般的に馴染みのあるPAやSPFなどの紫外線を防ぐ数値が入ったものではなくても、紫外線ケアを強化できることを覚えておきましょう。

最後にお話するのは、細胞の活性酸素が過剰な状態が続くことで起きる「酸化」です。
主な原因は、紫外線、ストレス、喫煙、不眠、大気汚染、脂質の摂りすぎ、添加物の多い食生活などが挙げられます。

お肌の酸化に悩む女性

改善法としては、バランスの良い食事、適度な運動、精神の安定など、いわゆる「健康的な生活」です。
エイジングケア成分の中にも抗酸化力を発揮する成分があります。

それらは、

・ナールスゲン
・フラーレン
・アスタキサンチン

などです。

その他にも、ビタミンC誘導体やビタミンE誘導体にも抗酸化の効果があります。
酸化を防ぐには、これらのエイジングケア成分が含まれた化粧品を意識しましょう。


3.まとめ



今回はエイジングケアの視点から、3つのポイントを紹介しました。
どれか1つだけではなく、全体を意識しながらエイジングケアに取り組みましょう。

< 1 2 3 4 5 >
プロフィール
管理者:お肌の保湿を考えるブログ
2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
リンク集